今だとどんな電化製品にも保証がついています。購入したお店によっては、5年間の保証など手厚くなってきています。電化製品などは高いですし、壊れたら自分で修理なんてほとんどできませんから、保証があることは安心して利用できることに繋がっていくのです。

■中古パソコンにも保証はある
中古パソコンを購入しても保証はついてきます。とはいっても中古パソコンの販売サイトや販売店に限ります。ネットオークションなどで個人から購入すると、すでに終わっているものだったりすることもあるからです。まず、保証つきの中古パソコンを購入したい、安心したいと思うのであれば販売サイトや販売店を選ぶようにしましょう。

■保証内容は薄くなってしまう
一般的に保証といってもいろいろとあります。たとえば、メーカー保証と喚ばれるものでは、1年が一般的でそれ以上になる場合もあります。これがみんなが頭に浮かべる保証です。あと、部品だけを保証する部品保証があります。また、自然災害や落下などでの故障に対応したさいがいほしょうがつけられることもあります。

あとはお店の保証が別途つくこともあります。ところが、中古パソコンになると保証がついても、その保証が手薄になってしまうことがよくあります。すぐに手薄になるのは、その期間です。販売店によっては3年なんてところもあります。基本は1年であと2年は延長するか決めてからというものです。

しかし大抵は1ヶ月前後から半年くらいが多いです。それ以上は保証がされないので、修理は実費となるのです。中古パソコンを購入するときには、保証が手薄なこともしっておき、修理の予算も考えておく、用意しておくことも必要とも言えるでしょう。

■保証内容も忘れずに確認
販売店での保証では、その内容もパソコン本体に限られていることも多く、ディスプレイやマウスやキーボードにはついていないことも多いです。販売店とのトラブルにもならないように、事前に保証内容やそのはんいについても確認してから購入するようにしましょう。