中古パソコン、というのは購入の際にはほとんど何のアプリケーションもインストールされていない状態になります。なので、無事に起動して動作テストなどが終了すれば自分で必要なソフトなどを探してインストールしなければいけないんですね。

特に、おすすめのソフトについてを紹介していきます。

■Officeソフトを導入しよう
特に、パソコンで何かの事務作業をしたりする場合や文章作成をする際にはOfficeは必須のソフトだと言ってもいいでしょう。いろいろありますが、Windowsで起動するのならばやはりMicrosoft Officeがおすすめです。こちらは、有料なのですが前にパソコンを所持していた場合インストールディスクを所持しているのならばそれをそのまま使うことができるので、そちらを使いましょう。

■SNSのPC版
そして、もう一つ導入しておきたいものがSNSですね。どういうことかというと、Skypeのような無料通話ツールなどが特にパソコンに導入しておけば、インターネット上で知り合いと無料での音声通話をすることもできるし、ファイルのやり取りなどをする場合にもとても便利です。

他にも、スマホ版のSNS通話ソフトなどはほとんどがPC版も出ていますので、スマホで利用しているものはPC版も導入しておくと便利です。

■まとめ
中古パソコンを購入したら、様々な便利なソフトをあとで自分でインストールしておけば、いろいろと使いみちが増えるでしょう。特に、事務作業ソフトやコミュニケーション系のアプリケーションはパソコンをメインで使って作業をする際には絶対に必要不可欠になります。

スマホと連動させても便利なので、これらは最初に入れておきたいですね。